15
9月

ギター工房見学レポート PGM

ご覧いただきありがとうございます。今回当スクールで販売するギターのひとつ、PGMの工房見学レポートです。

当スクールでは「いいものが欲しい」となれば迷わずPGMをお勧めしています。

何より当スクールではオーダーメイド。既製品にない完全個人仕様。

 

私は今までに20本近くお勧め、販売をしており、今回「ぜひ!」とお願いしてお忙しいなか見学をさせていただきました。

IMG_0020

特に看板などはなく、乳井氏の小さな札が扉にあるだけです。IMG_0067

中にお邪魔して真っ先に目に付くのはたくさんの

ミュージシャンの写真。

桑田佳祐さんは有名ですがまだまだ名だたるギタリストが

ならんでおりました。

「多すぎて飾れない」「まだまだ使用しているミュージシャンはたくさんいるが写真を撮っていない」らしいです。

 

 

 

IMG_0031IMG_0030IMG_0029

PGMはコンポーネントの工房です。いわゆる組み込みがメインです。

ダンボールにボディ形状、重さなどを書いたストックがたくさんありました。

わずかですが「加工前」の木材もありました。

IMG_0037IMG_0036

色々と材木の話をさせていただき、また工房内も見学いたしました。

下は塗装ブースです。ラッカー、ウレタン、全部ここだそうです。

IMG_0056少し見にくですが奥に乾燥中のボディがあります。

とても乾燥の早いラッカーを使用しているとのこと。

2階に上がるとそこはまさしく組み込みなどの現場でした。

IMG_0053IMG_0040

驚いたことに、ピックガードはオリジナル。既製品では出せない「質感」を

重視し、一枚一枚制作しております。

ピックガードの治具のたくさんありました。

IMG_0047IMG_0046

写真は現在監督、責任者である吉田氏。IMG_0062

本当にたくさんの治具がありました。そして工具!まさに手作りなのです。

IMG_0048IMG_0043

現在のピックアップやギター、本当に色々なお話をきかせていただきました。

また、本当に「いいもの」を追求しておられます。

中でも「客観的に見る」という言葉はとても感動しました。

実際は簡単なようで難しいことのはずです。

最後に乳井氏、吉田氏の写真。

IMG_0064吉田氏のTシャツはあろうことか「Gibson」。

洒落だと思って下さい。

苦労なさったのかお二人共禿頭(とくとう)。一見怖そうですがとても親切でした。

 

当スクールではPGM製品をメインにオーダーしております。

世界に匹敵する工房です。

 

 

Comments ( 0 )

    Leave A Comment

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    TOP