Category: ブログ

29
1月

東京都。関東全般。

いつもご覧の皆様、ありがとうございます。

 

お問い合わせは様々です。乗り換えをたくさんしてでもきてくれる

かたもいればそうでもない方も。

池袋方面は意外と交通は良いのですが東京駅は渋谷はあまりアクセスがよくあいません。

とはいえ、そうゆう生徒さんもおられます。

 

T’sGuitarSchoolは東京でも圧倒的に月謝が安いです。交通費をかけてもやはり他社さまより

安く通えます。

そしてしっかりギターが上手くなります。

 

交通費のかかる方、申し訳ございません。でも他社様に負けません。

体験レッスン募集中です。よろしくお願いします。

 

28
1月

どんなものがよい?

いつもご覧の皆様、ありがとうございます。

 

先週月曜日に大雪が降り、その後は最低気温が氷点下の日々。東京のいたるところで

雪を見ます。プライベートでよく池袋に行くのですがやはり雪は残っています。

ほとんど凍っており、危険ですね。

 

ギターを弾くのに必要なもの、たくさんあります。アコギとエレキでは多少

違いますがおおむね、必要なものは一緒です。

 

ピック、弦。どんなものがいいですか。

ケーブル、ギタースタンド。

 

どんなものがいいですかとよく聞かれます。ずばり、これ、こんなものと

お答えできればよいのですがそうでないものもあります。

 

私がよいピックを勧めるには訳があります。そしてその理由をしっかりと

知って欲しいのです。本当のよさがわかります。もちろん、指導内容に大きく影響するものです。

 

こういった形でいいものをレッスンで紹介しています。ものによっては高価なもの

もありますがピックは100円で楽器屋さんにたくさんならんでいるものと

変わりません。ですがいいものなんです。

 

T’sGuitarSchoolではいいものをちゃんと理屈で教えます。それは上達につながるからです。

 

テクニックだけではなくアイテムのチョイス、こちらもお任かせ下さい。

 

 

 

体験レッスン募集中です。

よろしくお願いします。

 

27
1月

アンプは必要?

いつもご覧の皆様、ありがとうございます。

今回はエレキギターの方のお話。

 

家ではどんなアンプがいいですか?よく聞かれます。家用はさすがに

安いものでどうでしょうか。LIVEに出演する、持ち運びも考慮して。

と言われれば返事はまた変わりますが家での練習は音が出れば。

ただし、なんでもかんでも歪んでしまうものはお勧めしません。そこは

慎重に選らんで欲しいです。

 

そして練習はアンプをつなぐのか。

 

これもよく聞かれますが答えは両方です。アンプをつないで始めて自分の

ミスに気がつくこともあります。不必要な弦を弾いていてもアンプを使っていなければ

わからないことが多いです。

 

逆にアンプは勝手に音を増幅します。本当はもっとしっかり押さえなければならないのに

弾けている気になってしまう。

 

アンプを使用する練習は一長一短なんです。

 

基本はアンプなしで練習して下さい。でもたまには使ってください。

 

いつもこんな風に説明しております。

 

体験レッスン募集中です。

よろしくお願いします。

 

26
1月

体験レッスンの流れについて。

いつもご覧の皆様ありがとうございます。

体験レッスンの流れについて。

 

お電話下さい。ただし、レッスン中でどうしても手が離せないときは折り返しお電話いたします。

ただし、その際はお問い合わせ専用の携帯電話070-6671-6652からのお電話になりますのでご注意下さい。

 

メールでも結構です。随時確認しておりますがレッスン中で直ぐにはお返事できないかもしれません。

必ずご返信いたします。東京のギター教室様で返信が無い場所があると聞きましたが当教室は

絶対に返信しております。

 

ですのでメールが届かない場合はブロックの可能性があります。とくにキャリアメール、au、ドコモの

ようなキャリアメールの方は受信がで出来ないと聞きます。ご注意下さい。

 

体験レッスン募集中です。

 

よろしくお願いします。

25
1月

お電話つながります!

いつもご覧の皆様ありがとうございます。

電話がやっと従来通りつながるようになりました。ただし、転送電話ですので折り返しは

070-6671-6652の携帯番号からになるのでご注意下さい。

 

しかし、凄い雪でした。東京、やられましたね。幸運にも東京に大雪の降った月曜日は教室は定休日でお休みでした。

難を逃れました。後から生徒さんのお話を聞く限り、凄いことになっていたようですね。私は引きこもっていたので

電車などの交通機関がどうなっているか全く知らないでいました。

 

今回は定休日であったため大丈夫でしたがレッスン日ならどうなるか。

レッスン回数は年間46回。月に規定の4回のレッスンを行うと計算では年48回になりますが当教室は46回に

させていただいております。

そのため、月に3回しかない場合が二月あります。

まず12月。これは決定しております。

 

そしてもう一月が未定でこういった東京の大雪の場合です。もし、こういったことがなければゴールデンウイークや

お盆休みに設定します。

 

少しややこしいですがよろしくお願いします。

 

体験レッスン募集中です。よろしくお願いします。

23
1月

お電話、ごめんなさい!

いつもご覧の皆様ありがとうございます。

現在、システムを変更しており固定電話の03-4296-2095が

転送できずその場にいなければお受けできません。

 

070-6671-6652は履歴が残りますので折り返しが可能です。

こちらにお願いします。もちろんメールでも結構です。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京 池袋

 

21
1月

1月22日の電話について

いつもご覧の皆様ありがとうございます。

 

1月22日はほぼ終日03-4296-2095の固定の番号がつながりにくく

なります。夕方には復旧いたしますができれば070-6671-6652

にお電話いただいた方がスムーズです。

もちろんメールでも結構です。

 

よろしくお願いします。

20
1月

ネックの掃除は?

いつもご覧の皆様、ありがとうございます。

ギターのメンテナンス、特にネックの汚れ。この掃除の仕方。

 

前回、ネックについて少し書きました。そしてボディの拭き方。

ではネックの拭き方は?

 

ボディ同様、から拭きが一番望ましいのでと思います。

潤滑のためのスプレーなどは極力お勧めしません。アルコールなど

で揮発するようになっていても最初は水分です。たまにならば問題ないかも

しれませんが過度に使えば塗装のないローズウッドなら湿度が

溜まってしまいます。

 

ただし、人によっては手に汗をよくかく人、どうしても汚れが目立ってしまいます。

指盤にうっすら白いものが残るのが手の汗です。少々めんどうですがこういった人は

練習の直後にしっかり乾拭きして下さい。もちろん弦も同じです。

それでも1時間も練習していれば汗で汚れますがこうなればもう仕方がありません。

 

色々なものが売られていますがギターに合わないものを買って失敗するよりはましです。

(私は何回か経験があります。)

 

体験レッスン募集中です。よろしくお願いします。

 

19
1月

メンテナンスって?

いつもご覧の皆様、ありがとうございます。

 

今日はメンテナンスについて。

今回のメンテナンスは個人で出来る範囲です。と言っても私の中では

殆ど個人でできるメンテナンスはありません。前回のブログでネックの

反りについて書きました。多くのサイトで紹介されておりますが

実際にはリペアショップに出すのが一番です。応急なら構いませんが

それでも限度とトラスロッドと呼ばれるパーツを知らないなら自分でやらない

ことをお勧めします。

 

そうなると残るはもうから拭きしかありません。

 

から拭きが一番です。ラッカーを使用したギターは塗装が剥がれやすいので専用とはいえ

薬品を使うのはあまりお勧めしません。どうしてもなら柑橘類のクリーナーが良いです。

天然のものです。

ウレタン塗装は簡単には剥がれないのですが逆にから拭きで十分です。

 

ギターがきれいになったところで音が良くなるとは思えないのですが大切にする気持ちの現れでも

あると私は思います。

 

体験レッスン募集中です。よろしくお願いします。

17
1月

ネックが反ったら?

いつもご覧の皆様、ありがとうございます。

ギターのメンテナンスについてよくある質問。ネックの反りです。

 

ネックはかなり特殊でなければ木で出来ています。

そして指盤を上から張るタイプと指盤を張らないタイプがあります。

ただし、指盤を張らないタイプはそんなに多いタイプではありません。

ほとんどが指盤を張るものです。

 

材質はさまざまですが代表的にはメイプル、マホガニーです。

 

作り方、材質いずれにせよ木なんです。ですのでやはり変形してしまいます。

 

1乾燥する冬は順反り(弦高が高くなる)

2湿度が高い夏は逆反り(弦高が低くなる)

 

一般論はこんな感じです。乾燥して水分が抜けてしまえば弦の張力に負けてしまい、

湿度が高くなり水分を吸収すれば膨張して反ってしまいます。

 

ネックの反りの要因はさまざまですがとにかく反るのはあたり前のことです。

 

ギターを購入すると必ず反りを治す工具が付属されますが私の意見。

くれぐれも自分で治さないで下さい。昨今、インターネットを調べれば反りの治し方は

わかりますが素人では無理です。

 

やはり正しく判断できる楽器屋さんに持ち込むことをお勧めします。

自分で治して万が一にも壊してしまったら取り返しがつかない場合もあります。

 

結論はネックが反ったら専門家に!です。

 

体験レッスン募集中です。よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

TOP